50歳過ぎたら帯状疱疹の予防接種が可能です。

50歳を過ぎたら帯状疱疹の予防接種ができます。

帯状疱疹とは・・・

日本人成人の90%以上は帯状疱疹のウイルスが体内に潜んでいて、80歳までに約3人に1人が帯状疱疹になるといわれています。

帯状疱疹は多くの人が子どもの時に感染する水ぼうそうのウイルスが原因で起こります。水ぼうそうが治った後も、ウイルスは体内(神経節)に潜伏していて、過労やストレスなどで免疫力が低下すると、ウイルスが再び活性化して、帯状疱疹を発症します。

発症すると、身体の片側の一部にピリピリした痛みが現れ、その部分に赤い発疹が出ます。痛みは徐々に増していき、夜も眠れないほど激しい場合もあります。症状の多くは上半身にあらわれますが、顔や目、頭などにあらわれることもあります。また皮膚の症状だけでなく、神経にも炎症を起こし、痛みが現れます。

神経の損傷がひどいと、皮膚の症状が治った後も、痛みが続くことがあります。3カ月以上痛みが続くものを帯状疱疹後神経痛(PHN)と呼び、数年にわたって痛みが改善されないこともあります。特に高齢者ではリスクが高く、PHNを防ぐためにも帯状疱疹の予防が大切です。

帯状疱疹は頭部から顔面に症状がでることもあり、目や耳の神経が障害されると、めまいや耳鳴りといった合併症がみられることもあります。重症化すると、視力低下や失明、顔面神経麻痺など重い後遺症が残る可能性もあります。

帯状疱疹ワクチンについて・・・

当院では2種類のワクチンから選択していただけます。

乾燥弱毒性生水痘ワクチンとシングリックスを取り扱っております。

  乾燥弱毒性生水痘ワクチン シングリックス
種類 生ワクチン 不活性化ワクチン
接種回数 1回 2回(2カ月あけて6カ月までに2回目)
投与方法 皮下注射 筋肉注射
値段 ¥8,400 ¥22,000/回
発症率 51%減 90-97%減
持続期間 およそ5年 およそ10年
禁忌 免疫抑制剤内服中の方 なし
副反応 注射部位の発赤、掻痒感、腫脹、熱感、疼痛 注射部位の疼痛、発赤、腫脹、筋肉痛、

疲労感、頭痛

予約制になりますので、お気軽にご相談ください。

※37.5度以上の発熱がある方、重い急性疾患にかかっている方、過去にこのワクチンの成分によってアナフィラキシーショックを起こした方、医師が予防接種を受けることが不適当と判断した方は接種できません

ソース画像を表示

2022年1月7日5:30 PM

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

花粉症 プラセンタ注射

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり、民間薬などで簡単にすませて悪化することがよくあります。

私たちは「気軽に相談できる」街のお医者さんを目指します。
日曜・祝日以外、毎日診療しています。

待合室にはドリンクバーを設置しています。
待ち時間に一息、お子様の治療後のご褒美に、ご自由にご利用ください。

京成小岩皮膚科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-5622-2356まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 休診
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療 診療 休診 休診

※土曜午後・日曜・祝日は休診です。