乾燥肌の季節がやってきました

そろそろ秋ですね。

この時期に皮膚科で一番多い症状は、乾燥によるかゆみの訴えです。

乾燥は1年中起こりうる症状ですが、

湿度が低くなるこれからの季節は、よりいっそう肌の乾燥を強く感じるものです。

保湿が充分でないと、かゆみや湿疹等の原因になります。

 

まずは毎日の「保湿」をしっかり行っていきましょう。

 

※当院でも保湿クリームを準備しています。お気軽にお声掛けください。

 

 

 

 

 

2018年9月25日9:10 AM

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は「良くなったり、悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹ができる病気」で、

患者さんの多くはアトピー素因(体質)をもっています。

湿疹は体の左右対称に現れるのが特徴的です。

乳児期、幼小児期、思春期、成人期とどの時期にも発症することがあります。

アレルギーなども関与していますが、それよりも大きな原因はバリア機能の低下した皮膚にあると言われていて、

気温や湿度の変化、また、汗によって症状が変わりやすくなります。

乾燥しやすく刺激に弱い皮膚ですので、これからの季節注意が必要です。

治療としては重症度に合わせてステロイド外用剤の使い分けと、必要に応じて抗ヒスタミン剤を併用し行います。

症状が気になる方、悩まずお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

2018年9月6日11:21 AM

☀日焼けに注意☀

強い日差しでとても暑い日が続いていますね。

強い日差しをたくさん浴びて皮膚がヒリヒリ痛んだり、水ぶくれになった経験はありませんか?

水ぶくれができた場合には、やぶけたところから細菌が入ってしまうことも・・・

このような症状が現れたら応急処置としてまず患部を冷やし、早めに皮膚科を受診してください。

日焼けしたお肌は乾燥やシミの原因となります。

症状に合わせた外用薬・内服薬でしっかり治療していくことが大切です。

 

これからまだまだ暑い日が続きます、肌のケアにお困りの方はお気軽にご相談下さい。

2018年8月7日11:30 AM

真夏のお得キャンペーン実施中

梅雨が明け、かなり暑く、紫外線も強くなってきました。

当院では、お肌を守るという意味合いで、当院で販売している一部の化粧品を

通常よりもお得な価格で販売しております。

ラインナップは、

・石鹸(ミニサイズ)

・ビタミンcローション20ml

・日焼け止め 2種類

石鹸で肌の角質ケアをし、角質ケアされたお肌にたっぷりのビタミンcを化粧水として塗布、

その後、日焼け止めでお肌を守るラインナップになっております。

いつも気になってたけど・・・という方には、お安くなっているので、始める良いきっかけになればと思います。

気になる方はスタッフまでお声掛けください。

 

 

2018年7月2日6:30 PM

❀紫外線対策始めていますか❀

お花見の季節になりました。

春風に誘われて、つい外出の多くなるこの頃ですね。

日光にあたると日焼けを起こしたり、シミの原因になることは多く知られています。

長時間、繰り返し紫外線にあたる事でお肌のハリや弾力が徐々に失われていると言われています。

無防備な肌状態で紫外線や花粉、ホコリといった刺激を受けてしまうと 肌荒れやニキビを引き起こす恐れもあります。

健康な肌を保つために丁寧な保湿ケアと、よりいっそう紫外線対策が大切です!!

性別・年齢を問わず対策は、しっかり行っていきましょう。

そのひと手間が、あなたの将来のきれいな肌を作ります。

2018年3月28日10:10 AM

パッチテストについて

アレルギー検査のパッチテストは当クリニックでは行っておりません。

ご了承ください。

2018年3月3日1:00 PM

しもやけ予防と対策

新年があけて、早1か月が経ちました。

先週は東京に雪が積もりましたね。

 

さて、今回は冬の風物詩、「しもやけ」について話そうと思います。

しもやけは、温度差によって血液循環が悪くなることが原因で起こります。

手や足の指、耳などが赤く腫れ、むずむずしてかゆい!!

また、こたつやストーブで急に温まるとじんじんするという症状はありませんか?

こんな症状が出始めたら、それは「しもやけ」です。

 

 

そこで、意外と知らない「しもやけ」予防

① お風呂上がりの水分はきちんとふき取る。指の間のふき残しは、冷えの原因に。

② 手袋・耳あて・厚手の靴下などで保温する。

③ 雪道などでは、厚手の中敷きを使用する。

④ 濡れた靴下は、すぐに履き替える。※足に汗をかきやすい方は、要注意!!

⑤ 窮屈な靴を控える。血行が悪くなる原因に。

 

心当たりのある症状がありましたら、当院までご相談ください。

2018年1月31日6:05 PM

アトピー性皮膚炎

朝夕の冷たい風が身に染みる季節になってきました。

肌の乾燥が気になります…。

今回はアトピー性皮膚炎についてお話ししたいと思います。

特徴としてご家族や本人にアトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎があるという方が多いです。

通常よりも皮膚が乾燥していて、外部からの刺激を受けやすいです。

年代によって部位や症状に一定の傾向があり顔、首、手足の関節、体幹などに症状があらわれ、良くなったり悪くなったりを繰り返します。

アトピー性皮膚炎の治療は症状に合わせた強さのステロイド外用薬と、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬の内服が基本になります。

湿疹が出来ない状態を維持し、正しい薬の使い方で早期に皮膚炎を抑えることが大切になります。

治療に関して気になる事わからないことは、当院にご相談下さい。

 

2017年11月24日11:17 AM

じんましん

最近肌寒くなってきましたね。

今回は、じんましんについて少しお話します。

じんましんとは、突然、赤みを持った小さな皮膚のふくらみができていつの間にか消え、

また別の場所に現れてを繰り返しムズムズする痒みを伴います。

重症化すると命に関わる病気ですので注意が必要です。

原因はほとんどが不明ですが、内服薬の治療で予防することができます。

症状は24時間以内に消えることが多いですが、症状の続く期間によって、慢性化してしまいます。

症状が軽くなったとしても、減量や服用回数を減らしながら、お薬を飲み続ける事が大切になります。

 

 

 

 

 

2017年10月4日11:04 AM

~ シミ・くすみ・しわ ~

夏の疲れが出る頃ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

この時期、お肌は紫外線によりダメージを受け、シミ・くすみ・シワの原因になってしまいます。

そんなお肌に必要なものがビタミンCです!!

当院では、ビタミンCローションを紹介しています。

保湿力も高いので、化粧水としてもご使用いただけます。

興味がある方は気軽にお声掛けください。

 

 

 

2017年8月29日2:26 PM

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり、民間薬などで簡単にすませて悪化することがよくあります。

私たちは「気軽に相談できる」街のお医者さんを目指します。
日曜・祝日以外、毎日診療しています。

待合室にはドリンクバーを設置しています。
待ち時間に一息、お子様の治療後のご褒美に、ご自由にご利用ください。

京成小岩皮膚科クリニック。ご予約・お問い合わせは03-5622-2356まで。
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療  
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※土曜午後・日曜・祝日は休診です。